ネズミ

あまったチーズの活用法

朝食やおやつなど幅広い使い方ができるチーズですが、少し気を抜くと余ってしまって、賞味期限も過ぎて食べられなくなっていた…という経験はないでしょうか?
余ってしまった時は、すぐにでも作れる「チーズリゾット」がおすすめです。
玉ねぎをバターで炒めたお鍋にご飯とチーズを入れるだけで作れてしまうお手軽なメニューです。

リゾットといえば余り物の具材で簡単に、しかも美味しくできるレシピの定番ですから、時間がない日の朝食や昼食などにもぴったりです。
チーズをリゾットにする場合は、お水の他に牛乳も加えると風味がさらにまろやかになります。
玉ねぎはバターで炒めても良いですが、カロリーが気になる場合はオリーブオイルなど他の油でも代用可能です。

また具材については、しめじやナス、ベーコンなどを人数分プラスしても構いません。
玉ねぎと一緒に油で炒めてから水と牛乳を鍋に加え、最後にご飯とチーズを入れて水分を飛ばせば完成です。
チーズリゾットのポイントは、味を洋風にするか和風にするか、また濃厚にするかあっさりにするかによって作り方が微妙に異なります。

洋風にする場合はコショウなどで味付けをしましょう。
逆に和風にする場合は玉ねぎなどは使わず、しめじなど和食に使える具材をチョイスします。
作り方は他のリゾットと同じですが、最後の調味にかつおのだし汁、大さじ1杯のお酒、小さじ1杯程度のしょうゆを使って味付けをします。

次に、味を濃厚にしたい場合はチーズを多めに、逆にあっさりと仕上げたい場合はチーズを少な目にして、他の具材を充実させると良いでしょう。
同じ食材でも調味の方法や材料のチョイスによって個性が出せるので、何度作っても飽きずに美味しくいただくことができます。
チーズリゾットは余ったチーズが有効に活用できるだけでなく、残ってしまったご飯もそのままお鍋に入れて一緒に調理ができます。
いろいろな食材を余らせてしまった場合にもおすすめのレシピです。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い乳製品 All Rights Reserved.