ネズミ

ネズミは本当はチーズが嫌い?

チーズが好物なイメージを持つ動物といえば、誰もがネズミを思いうかべるのではないでしょうか。
アニメなどの影響もあって、ネズミはチーズが好きな動物として広く知られていますが、それは本当なのでしょうか?
とある実験によれば、ネズミにチーズとそれ以外の食品を自由に選ばせたところ、なんとネズミは果物や穀物のほうを好んで食べたそうです。

この実験から言えることは、ネズミは必ずしもチーズを優先的に食べるわけではないということです。
かつてヨーロッパなどではねずみはチーズの貯蔵庫を寒い時期のすみかとしていました。
冬の時期は食べ物が少なくなりますから、自分のすみかでありなおかつ一番身近なところにあるチーズをかじって飢えをしのいでいたと考えられています。

実際動物性脂肪が豊富ですし、秋冬の食べ物のない期間を少しでも長く乗り越えるためにうってつけの食材でもあったと考えられます。
現在では貯蔵庫にはネズミ侵入防止の対策が取られているため、容易に侵入することはできなくなりました。
そのため、ネズミは別の場所に住まいを移し、果実類など植物性の食べ物を食べたり、人間の出す残飯などを求めて生活するようになりました。

しかしながら、ネズミはチーズが嫌いなわけではありません。
ねずみは雑食性の動物なので、チーズに限らず食べられるものはなんでも口にすることができます。
そこにチーズがあって、お腹が減っていれば口にするということです。

犬や猫、鳥でも喜んで食べる場合があるそうですから、ネズミのように雑食性の動物ならなおさら偏見はなさそうです。
しかしやはり好みの問題はあるようで、人間と同じように穀類や甘みのある果実類などを好む個体が少なくないようです。
現在ネズミなどのげっ歯類をペットとして飼われている方は、チーズには塩分や脂肪が多く含まれていますので、バランスの良い食事をさせてあげるためにも果実や穀物なども与えるようにすると良いでしょう。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い乳製品 All Rights Reserved.