ネズミ

世界の三大青カビチーズ

チーズ好きの方なら誰もが知っている、「世界三大青カビチーズ」。
フランス産の「ロックフォール」、イタリア産の「ゴルゴンゾーラ」、イギリス産の「スティルトン」の三種類がそのラインナップです。
青カビと聞くとなんとなく不衛生なイメージを抱いてしまいますが、健康に害はなく、むしろ旨みを最大限に引き出してくれる、個性をアップさせてくれる存在です。

三種類の青カビチーズはそれぞれに味わいが異なり、刺激的でユニークな風味が特徴的です。
そこで本記事では、三つの青カビチーズの味わいについて紹介したいと思います。

・ロックフォール
フランスで作られた最古の青カビチーズと言われており、羊飼いが洞窟にチーズを置き忘れたことが由来となっています。
その伝説の通り、現在もロックフォールは洞窟でしか製造することができません。
羊の乳を使った濃厚なコクがあり、滑らかな舌触りが高級感を感じさせるものです。
そこに青カビの刺激的な味わいと強めの塩気がついており、強い存在感を放つ味わいが特徴です。

・ゴルゴンゾーラ
ゴルゴンゾーラには「ドルチェ」「ビカンテ」の二種類の味があり、穏やかな風味がドルチェ、辛みが強いものがビカンテになります。
チーズに合わせる飲み物や食べ物によって食べ分けると良いでしょう。
味としては、やはり青かび特有の強いにおいがありますが、刺激は少な目でマイルドな味わいが特徴です。
食感もクリーミーで食べやすく、塩気もほどよく感じられるバランスの良いチーズです。

・スティルトン
大理石模様に広がった青カビが特徴的なスティルトンは、濃厚な口当たりとコクの強さが特徴です。
はちみつにも似た甘さも感じられ、ウイスキーとよく合うチーズとしても知られています。
スティルトンは口の中でほろほろと崩れるような口当たりに、ミルクの旨みが備わっているタイプです。
ブルーチーズの中では水分が少な目な部類に入るため、飲み物との組み合わせが重要になります。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い乳製品 All Rights Reserved.