ネズミ

話題のチーズ茶漬けって?

お茶漬けといえば夜食や小腹がすいた時の定番レシピです。
ご飯にお茶漬けの素を振りかけるだけで簡単に作れてしまうので、お子さんからご高齢の方まで誰でも簡単に作ることができます。
そんなお茶漬けのアレンジメニューとして、チーズを使った「チーズ茶漬け」があります。

作り方は簡単で、ご飯の上にスライスチーズを乗せて電子レンジにかけ、溶けるまで温めてからその上にお茶漬けの素と熱湯を注ぐだけ。
一度溶かす手間がかかりますが、下ごしらえなどの準備は一切いらず、家にあるチーズとお茶漬けの素だけで簡単にアレンジメニューが楽しめます。
見た目には普通のお茶漬けと違和感がなく、少々チーズのとろみが感じられる程度。

味は和風リゾットに近いもので、チーズならではの旨みが感じられる逸品です。
お湯の中にチーズが溶けだしているので、見た目が気になる場合はお湯の量を抑えめにして、ネギやノリなどのトッピングを加えるようにすると良いでしょう。
チーズ茶漬けのバリエーションとしては、高菜や鮭、明太子などのお茶漬けに合う具材をトッピングして食べても美味しくいただけます。

リゾット風の味にさらにおかずをプラスすることで、いつもよりもちょっと豪華なお茶漬けが楽しめます。
また、より本格的に作りたい場合は和風だしの素やかつおだしの素を溶いてだし汁を作り、お茶漬けの素の代わりにしてご飯にかけるだけでOKです。
毎日食べているお茶漬けも、ちょっとした一工夫で驚くほど美味しいメニューに早変わり。

チーズは腹持ちが良い食材ですので、ただのお茶漬けよりもしっかり食べた気分になれます。
夜食や間食にも良いですし、本当にお腹が減っている時にも重宝することでしょう。
時間に余裕がなくお料理が作れない時や、なんとなく手抜きしたいけれど美味しいものが食べたいという時にも活躍してくれること間違いなしのレシピです。
ぜひ一度ご家庭でチーズ茶漬けを試してみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い乳製品 All Rights Reserved.